不眠症に良いツボ

不眠症に良いツボ

不眠症に良いツボについての情報

不眠症はなるべく薬を使わずに自力で改善したいですね。そこで、不眠症のツボを知っておくといいのではないでしょうか。ツボを刺激することでスムーズに睡眠に入る事ができます。また、深い睡眠を維持することができるようになったりもします。

しかし、ツボだけではなく、もちろん生活リズムを規則正しくすることや食事などのバランスを考えること、適度な運動ももちろん必要になります。さて不眠症に効くツボのご紹介です。

まず頭頂部の鼻の延長線と両耳をつないだ交差するところを百会(ひゃくえ)といいます。そこを15秒圧したら緩めるという方法で3、4回繰り返すようにしましょう。

次に耳の後の骨の下に位置し、鎖骨と耳後につながる筋肉我止まる場所を安眠(安眠)といいます。ここも15秒圧したら離すという方法で3、4回圧しましょう。

次は足の裏の中央線とくるぶしを延長線のぶつかるところを細かくつんつんつんとお箸などで刺激するのもおすすめです。ここは失眠(しつみん)というところになります。

他にも眉頭のくぼんだところで、圧すと気持ちのいいところをさん竹(さんちく)と言い、ここは5秒程度圧しては離して3、4回繰り返します。

次に手の平の中央を労宮(ろうきゅう)と言いますが、ここを反対の手の親指でもみほぐすようにしてみましょう。逆も同じように両手やるようにします。

湧泉(ゆうせん)というところも不眠には効果のある部分で、足の裏の中央線の中央より少々つま先側のへこんだ部分ですが、ここを固いはしなどで、10秒ほどグーッと抑え込み離すということを3回程度やってみましょう。

このように、まだまだいろいろなツボがあります。どこも痛く感じることがあるかもしれませんが、少しずつ慣れてきます。また、よく眠れるようになるとその部分の痛みは軽減してきます。是非試してみてはいかがでしょうか。