生理前 不眠症

生理前 不眠症

生理前 不眠症についての情報

生理前の不眠症を経験したことのある女性も多いのではないでしょうか。実は生理になるときに女性ホルモンの中の黄体ホルモンがとても増える時期に入るのです。卵包ホルモンが減り黄体ホルモンが増えるというかたちになります。黄体ホルモンは睡眠を促進し、卵包ホルモンは逆に睡眠を抑えるというものなのです。

あれ? 逆だってお気づきですか? 実は生理前は黄体ホルモンが多くなるので、実は一日中眠くなったり、だるかったりするものなのです。そこで考えられるのは、その症状があるために日中の運動量を知らないうちに抑制していたり、昼寝などをしていたり、いつもより体を休ませてしまっていることはないかということです。

これによって夜よく眠れないということが起るとも考えられています。また、生理前でももちろん卵包むホルモンは出ているわけで、このバランスが逆転するわけですね。この変化のときに体が影響を受け、精神的にイライラしたりどこか落ち着きのない不安を感じたりしているのではないかとも言われています。

実際には眠くなるホルモンの方が多く出ているのにもかかわらず、精神的な影響で寝たいけど寝れないという状況です。寝いけど寝れないときほど人間は気持ちだけが焦るものです。それによりますます不眠症的症状になってくるというものです。

実は人間不眠症になったとしても、まったく眠く無く、なんの支障もでなければそんなにさわがないものです。逆に一日の活動時間が増えてうれしいですよね。でも、現実には眠くても眠れない、昼間に眠くなる、朝すっきりしないなどの問題があるから不眠症で悩むわけです。

つまり寝れないという焦りは本当に睡眠を邪魔する大きな要因なのです。そういう意味からも生理前の不眠症は起っているようです。

焦らないことで眠れれば良いのですが、生理前はやはりなかなか眠れないものですね。翌日に大事な仕事があるとき、試験の時にあたると、さらに眠れない焦りが増して、本当に眠れたことがありません。私も辛くて何とかならないものかと思っていました。

睡眠薬も考えましたが、生理の前に眠れないだけなので、睡眠薬を処方してもらうのも大げさだし、何より薬は副作用などが心配でした。そんな時に出会ったのがサプリメントです。沖縄で眠り草と呼ばれるクワンソウという植物が、なかなかの優れものみたいで、本当によく眠れるようになりました。クワンソウ以外もすべて天然の成分で出来ているので安心です。あなたも生理前の不眠の悩みにマインドガード、ぜひ一度試してみてください。